復縁を実現させるために
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんな窮地からでも復縁が成功できる占い

復縁を成功させる方法の一つとして『占い』があります。
特に女性は普段から占いを身近に感じているのではないでしょうか?
雑誌やニュース番組などでも星占い・今日の運勢といった占いが必ずと言っていい程ありますね。

そこで、復縁をされた経験のある女性がとくに効果があったとすすめる恋愛占いをまとめてみました。


真実の診断
http://truth-s.jp

天声神語
http://tensei-j.jp

みんなの占い
http://min-ura.jp


私もこちらの占いで復縁に成功されたという話を知人から聞いたことがあります。
とくに真実の診断は多くの復縁率を誇る占いだそうです。

占いを信じる・信じないは真っ二つに意見が別れるかと思います。
占いというものは無意識に自身の状況に当てはめてしまい、それで当たったと誤認される方が多いという意見もあるそうです。
しかしながら"当てはまる状況"というものを指摘することができるあたり強ちそれだけでは無いのかなと私は思います。

占いは古代から世界各国に存在しており、その占術は異なるにしろ人々から何世紀にも渡り信じられ続けたものです。
せめて占いだけでも良い結果であってほしいという気持ちも占いが人気である理由の一つなのかもしれません。

今でこそ雑誌や本の他に、占い師が直接目の前で占う対面鑑定、電話で占う電話鑑定等がありますが、インターネット業界の進展により占いコンテンツとして提供されるケースが多くなり、私達の身近な存在に変わりつつありますね。

中国や日本では政治家や起業家の中に占いで物事を決める方が多いそうです。
信じる人間がいるということは、信じるに値する根拠があるということなのでしょう。

占いはまた別の視野からのアドバイスの一つとして試してみるのも良いと思います。

みなさんの願いが叶いますように。
スポンサーサイト

心に迷いが生じたら

復縁はマイナスのスタートから始まります。
また、復縁を良しとされる方もそう多くはなく、大概の方が「早く忘れて次にいい人を見つけなよ」とアドバイスしてくるでしょう。

復縁=後ろ向き

と思われがちですが、私達人間が過去を振り返ること、後悔をすること、これは至極当然のことです。
人は過去を振り返らなければ、成長もしません。成功よりも失敗して学ぶことの方が多いのです。

私達は動物と違い複雑な感情をいくつも持ち合わせています。
「復縁したい」と願うのはその複雑の感情の中の一つなのです。

復縁を願う気持ちは決して後ろ向きではありません。
自身の失敗を受け入れ、改善し、もう一度成功へ向けて歩みだしたいというとても前向きな気持ちだと私は思うのです。

ただ、人はとても弱いです。些細なことで心がくじけてしまうこともあります。
そのような時に相談に乗ってくれる、サポートをしてくれる存在を必要とします。

家族や友人に相談ができる環境が一番理想的ですが、先程も書いたとおり復縁を快く思わない方も多いため、逆に諦めるよう説得されたりと否定的な答えしかもらえないず、相談ができず一人で抱え込み悩み続けてしまうパターンが多いのも現状です。

心がくじけそうな時、誰かに話を聞いてほしい時、相談に乗ってほしい時、下記のようなカウンセリングを頼ってみるのも一つの手です。
その道のプロというのも一つの理由ですが、全く関係の無い方に相談されるほうが復縁の可能性があるか無いかをはっきりと意見してくれるものです。


【公式】Lasaverde
http://lasa-mirai.jp/




さいごに

復縁を実現させるためには「相手にとって価値のある人間になること」が鍵です。
相手との冷却期間中を無駄に過ごしてはいけません。自分が何も変わらずに、ただ時間だけを置いても復縁はできません。
別れの原因を理解し、改めると同時に、自分磨きに努めましょう。相手からもう一度魅力があると認めてもらわなければ、付き合うことはできません。
付き合っていた頃よりも魅力的な人間になったと思われる努力をしましょう。

復縁を実現させる5つの心得を心に留め、復縁実現へ向けて前向きに頑張りましょう!

■引用-好きな人に好かれる方法-

1、接するときは笑顔がポイント
相手から好感を持ってもらうには、第一印象が大切です。表情が暗かったり険しかったりする人とは、誰も近付きたいと思いません。反対に自分に笑顔で接してくれるだけで安心感が持てます。この人と話したら、何か楽しいことが起こりそうだと感じさせることができます。二人の距離は一気に縮みます。
笑顔は会っている時だけではありません。電話で話している時も、笑顔は伝わります。自分が楽しければ、相手も楽しんでくれるに違いありません。間違っても硬い表情や不機嫌な表情で接することは止めましょう。

2、相手の価値観を尊重する
自分の気持ちや価値観を聞いてくれて、それに共感してくれたら誰でも嬉しいですね。気になる相手との会話では、価値観を合わせることがポイントとなります。しかし、ただ共感して合わせるだけでは良くありません。本当に聞いているの?と不安を抱いたり、適当な人だと思われる可能性もあります。相手の意見に耳を傾け、同意しながら自分の意見も付け加えます。興味を持ってくれていると感じさせることが大切です。

3、自分といれば得だと感じさせる
付き合っていて別れてしまったなら、あなたに対する関心がなくなっているか薄らいでいる状態でしょう。
まずは、あなた自身に興味を持ってもらわなくてはなりません。あなたと付き合うことで得になると思わせればいいのです。つまり、価値のある相手になれば良いわけです。一緒にいたら楽しいと思わせることが大切です。この人なら自分のことを分かってくれる、全てを受け止めてくれると感じたら、あなたに対する信頼も復活するでしょう。

5.冷静・温厚な態度を心がける

連絡を絶っている期間は、特に冷静でいることは難しいと思います。しかし、そこで取り乱したり感情的になってしまうと、相手はさらに離れていきます。
人は不安や焦りや悲しみが募るにつれ、感情がコントロールできなくなることがあります。
そんなときこそ冷静でいることが重要なのです。ささいなことで感情的になり怒ったり、冷静さを失って取り乱したりしなければ、相手には良い印象が残るでしょう。

感情的をコントロールする
相手のことが好きで仕方がなくとも、自分の感情をコントロールしなくてはなりません。ただ自分の気持ちを押し付けるだけでは、相手を追い詰めてしまい、また相手に対する配慮も欠けてしまいます。余計に相手の気持ちが離れ、復縁が遠のきます。

point
仮に、冷却期間中に我慢ができず、相手に連絡をしてしまった場合、以下のことは決してしてはいけません

1.何度も電話やメールをする
相手が電話に出なかったり、メールの返事をしなくとも、返事を催促するようなことはしてはいけません。それは相手を追い詰め、余計に悪い印象を与えます。

また、「電話に出る・メールの返事をする」これらjは相手の意思に委ねられるものです。強制できるものではありません。
電話に出るもメールの返事をするも相手の自由。電話に出て当たり前、返事がきて当たり前という考えは一切捨てましょう。

電話にでなかったり、メールの返事はこないということは、相手はまだあなたにさほど興味が無く、惹かれていないということなのです。
まずは相手が電話で話したくなる・メールの返事をしたくなるようになることから復縁の道が開けるのです。

2.相手に復縁したいことを伝える
あなたがどんなに復縁を願っていたとしても、相手はそうとは限りません。別れたということは、相手は今あなたに気持ちが無い状態なのです。
好きではない相手、ましてや一度は付き合って様々な原因によって別れた相手です。そんな相手に「好き好き」「復縁したい」「ずっと待ってる」などと言われたら相手は重く受け止めます。過敏な人ならば、それをストーカーと思ってしまうかもしれません。
あくまでも復縁を願う気持ちは自分の中だけに留めておいてください。先に気持ちを伝えてしまっては、いざ勝負という時に何の効果も無くなってしまいます。

■ワースト1ワード
「ずっと好きだから」「ずっと待ってる」
※この2つは特に男性には逆効果です。完全に拒絶される可能性が非常に高いです。

3.マイナス思考になる
相手がどんな反応をしてきても、マイナスに受け止めてはいけません。
相手の反応が鈍いのは当然のことなのですから。それよりも相手の反応や言葉に一喜一憂してしまうのは仕方が無いとして、ささいなことでマイナス思考になることはタブーです。
マイナス思考は何も良い結果を生みません。むしろそのマイナス思考のせいで悪い方向で進むことが多いです。どんな時でもポジティブ(前向き)でいることを心がけましょう。





最新記事


カテゴリ


プロフィール

lovepeople

Author:lovepeople
どうしても忘れられない、どうしても諦められない、もう一度そばにいさせてほしい。そんな復縁を願う人を応援します。別れてしまった恋人と復縁を実現する為に心得ておきたいこと。復縁成就者の経験談をもとにしたアドバイスまとめブログです。


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。