復縁を実現させるために
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2.一定期間の連絡を絶ち、冷却期間を置く

別れてすぐに復縁となるパターンはとても少ないです。別れ方にもよりますが、相手が何らかの怒りの感情をもっている場合、冷却期間が必要不可欠です。
感情が高ぶった状態で冷静に物事を考えることはできません。時間を置くことで、気持ちが落ち着き冷静になれます。まずは、お互いに一人になって考える時間が必要です。

冷却期間の目安
空ける時間は長い方が効果的です。短くても半年以上は空ける方が良いでしょう。ベストは1年です。
それ以上の長い期間を空けると、相手に新しい恋人が出来てしまったり、と復縁の可能性が低くなります。
その間、相手がどんなに好きで気になっていたとしても連絡を取ってはいけません。本当に復縁したいなら、自分の気持ちを抑え我慢しましょう。

一定期間連絡を絶つのメリット
別れた相手であろうとも、急に連絡を絶たれると相手の方も段々と気になってしまうものです。一度は好きになった相手ですから当然のことでしょう。今まで当たり前のようにあった「連絡」が来なくなるというのは、意外と効果のあるものです。

一定期間連絡を絶つのメリット-その2-
人の記憶は自分にとって都合の良い記憶のみが残されていきます。むかし嫌だなと思ったことも、今となってみると良い思い出なんて思うことはありませんか?
人が残せる記憶には限度があります。自分にとって必要の無い記憶・マイナスな記憶と引き換えに新しい記憶を貯蔵していくのです。

別れるということは、少なからずお互いに嫌な面があって別れに至るものです。それは嫌な思い出として記憶に残されることが多いです。
しかし何のコンタクトも取らないまま時間が過ぎると、嫌な思い出だけが消え去り、相手はあなたとの良い思い出だけが残っているかもしれません。そうなればリセットです。もう一度やり直せる可能性は高くなります。
※補足
どちらかの心変りが原因で別れてしまった場合は、出来るだけ長い期間を置いた方が効果的です。
なせなら、もしかすると相手が新しい恋人と上手く行かず、あなたと別れなければ良かったと思い始めているかもしれないからです。
短い期間では熱は冷めにくいものです。長い期間を置き相手の熱が冷める頃を見計らうのもポイントです。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック




最新記事


カテゴリ


プロフィール

lovepeople

Author:lovepeople
どうしても忘れられない、どうしても諦められない、もう一度そばにいさせてほしい。そんな復縁を願う人を応援します。別れてしまった恋人と復縁を実現する為に心得ておきたいこと。復縁成就者の経験談をもとにしたアドバイスまとめブログです。


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。